右手で名刺を持つ

名刺作成で目立つ工夫を!自分を印象付けるための方法について紹介

名刺の印刷方法による違い

以前は、名刺を作ることは印刷会社しか出来ませんでした。会社に依頼して中間マージンをとられ、高いものになっていました。
しかし、現在は名刺の印刷は、文書作成ソフトウェアを使えば簡単にできます。テンプレートと言うあらかじめ作られた書体やデザインがありそれを使えば、印刷会社が印刷したものとあまり変わらない名刺が出来上がります。ただし、文書作成ソフトウェアの印刷で出来上がった名刺は、気を付けなければならないこともあります。それは、誤字脱字です。自分の名前なのでそれほど間違うことはないだろうと思っているかもしれませんが、名刺の字の間違いは、以外に多いものです。会社の前に株式会社をつけるか後に株式会社をつけるかなどは、以外に間違いが多いものです。外注に出す場合は、慎重になり出す前に何度も、名前を確認するため、間違いは起きにくいです。これに対して、自分で印刷する場合は、簡単にやり直しがきくため、間違いが起きやすいです。
そこで、文書作成ソフトウェアで印刷した名刺は、プライベート用にして、印刷会社に出した名刺はフォーマル用にすれば多少過ちがあったとしても大丈夫です。名刺は、交換したあとは、相手方にとってその人を表すものになります。従って、名刺といえども注意しましょう。

recent posts

sub menu

このページのトップへ