右手で名刺を持つ

名刺作成で目立つ工夫を!自分を印象付けるための方法について紹介

名刺作成時の向きの選定

名刺作成を考えている時に、最初に悩むことの一つとして名刺の向きがあります。通常のサイズの名刺を作成しようとする際、必ず縦向きの名刺になるか横向きの名刺のどちらかになるのですが、どちらの向きの名刺の方が良いのでしょうか?
実は以前までは、日本の名刺は縦向きの名刺が主流だったのですが、現在は横向きの名刺が主流になっています。これはなぜかというと、インターネットの発達に伴って企業が自社ホームページを持つようになったことに関係をしているのです。ホームページを持った企業は、もちろんそのURLを名刺に記載しようとしましたが、従来の縦向きの名刺だと文字数が多く、しかもアルファベットのURLでは表記した時に全体のバランスが悪くなってしまいます。そのような事態を防ぐために、徐々に横向きの名刺が増えて行き今では横向きの名刺の方が増えていったのです。
しかし、縦向きの名刺にもメリットは存在しており、横向きの名刺が多くなった今、縦向きの名刺であれば少し目立ち、さらに和風のお店や日本特有の事業を行っているところは日本っぽさを表現することができるため、横向きよりも縦向きの方が良いという場合もあるのです。なので皆さんが名刺作成をする時は会社の種類や目的に応じて選ぶことをオススメします。

recent posts

sub menu

このページのトップへ